chevron_rightNEW ITEMS chevron_rightTOPS chevron_rightBOTTOMS chevron_rightOUTER chevron_rightGOODS chevron_rightSET UP
chevron_rightRANKING chevron_rightCOORDINATE chevron_rightNEWS chevron_rightFEATURE chevron_rightK-1 fighter

account_circle shopping_cart help_outline┃ 

コンバースのメンズコーデ厳選35選!王道スニーカーの着こなしとおすすめモデルを解説!

コンバースのメンズコーデ厳選35選!王道スニーカーの着こなしとおすすめモデルを解説!

コンバースはオールスターが代表的なスニーカーの超定番モデル。
誰でも持っている人気スニーカーだからこそ、他のアイテムとの合わせ方が重要です。
オールスターだけでなくおすすめコンバースの具体的なコーデ方法やポイントを紹介していきます。
コンバースのモデルの選び方や、着こなし方に悩んでいる方は必見です!

目次
▶open/close

1.コンバースのメンズコーデ厳選35選

まず初めに、コンバースを使った厳選コーデをご紹介していきます!
誰もが持っているようなコンバースを、周りよりオシャレ履きこなしているとカッコいいですよね。
お気に入りを見つけて、是非お持ちのコンバースで真似してみてくださいね!

1-1.レギュラージーンズでアメカジに

ファッションにおいて、定番×定番の組み合わせは外せません。
アメカジファッションの代表格であるコンバースのオールスターとリーバイスの505を合わせた下半身がこちらの着こなしの大きなポイントです。
アメカジスタイル、男らしいコーデが好きな方におすすめです。

1-2.モノトーンで大人アメカジに

1-1と同様に、コンバースのオールスターにレギュラーサイズのデニムを合わせ、アメカジスタイルを楽しみながらも、モノトーン調にすることでグッと大人っぽさを表現することができます。
また、サングラスといった小物使いも相まってコンバースならではの洗練された印象に仕上がっています。

1-3.足元で魅せる

足元で魅せる

シンプルでカジュアルなスタイルでも、足元にアクセントを加えることで一気にオシャレな装いになることも◎

今回のように、パーカーにスキニーパンツを合わせたシンプルかつカジュアルな着こなしでも、足元にファイヤーパターンのコンバースのオールスターを合わせることで、「こなれ感」が出ています。

1-4.パジャマ感を一掃

パジャマ感を一掃

どうしてもパジャマ感が出てしまうグレーのスウェットパンツも、派手柄のスニーカーを合わせると一気に洒落感を放つことができます。

こちらも、グレーのスウェットパンツながらも派手柄のコンバースのスニーカーを合わせることでパジャマ感のないアーバンな着こなしになっています。
スウェットをカッコ良く穿きこなしたい方は、派手柄のコンバースオールスターがおすすめです!

1-5.ひと工夫を惹き立てる

シンプルな着こなしが似合う男性が結局のところ一番カッコ良いですよね。
ただ、シンプルなだけでもダメなんです。何が大切かというと、少しの工夫です。

今回のように、シンプルな白Tシャツと黒パンツ、コンバースのオールスターというシンプルなコーデでも、グリーンのキャップがあるだけで差し色の効いたセンスある着こなしになっています。
足元のコンバースオールスターもブラックにすることにより、他のアイテムと馴染み、キャップの差し色が引き立つひきたつコーデとなっています。

1-6.定番だからこそ引き出せる魅力

男女問わず多くの方が一足はもっているであろうコンバースオールスターHI。
履きやすさと他アイテムとの合わせやすさから大変人気の一足です!
そんな定番のコンバースだからこそ、全体の邪魔をせずに主役を惹き立ててくれます。

今回は、足元にコンバースオールスターを合わせてシンプルにしながらも、トップスにはストライプシャツを合わせてスッキリと洗練された印象に仕上げています。
トップスを主役に持ってきたい場合におすすめです。

1-7.サーフスタイルで爽やかに

上記のように、コンバースのオールスターをリーバイスのデニムパンツやワークパンツと合わせると、無骨で漢らしい印象になりますが、実は爽やかなサーフスタイルとしても着こなすことができます。

1-8.足元で引き締める大人サーフ

こちらも爽やかなサーフスタイルのコーデ。
全体としては、淡いカラーで仕上げられていますが足元にブラックのコンバースオールスターを合わせることによって、ぼんやりとしない引き締まったサーフスタイルに。
サーフスタイル好きの方は、是非参考にしてみてください。

1-9.アメカジサーフも大人っぽく

同じくサーフスタイルにチェックシャツを合わせる時にも、やはり活躍するのがコンバースのオールスターです。
チェックシャツ、デニムとアイテムから出るカジュアルな雰囲気を、コンバースオールスターのブラックカラーが引き締め、大人っぽさを表現してくれています。

1-10.スポーツMIXコーデもお任せ

動きやすい着用感と見た目のカッコ良さから、メンズファッションの定番となったスポーツMIXスタイル。
そんなスポーツMIXスタイルでも、コンバースのオールスターは活躍してくれます。
スポーツMIX系の定番アイテムであるジョガーパンツは、コーディネート次第では部屋着感が出てしまいます。
だからこそ、他のアイテムはしっかりとファッションアイテムと合わせることが重要です。

こちらは、デニムシャツやコンバースオールスターなど、ファッション性に特化したアイテムと合わせることによって、カッコ良いスポーツMIXを体現した着こなしとなっています。

1-11.ラフスタイルもお手の物

ラフなスタイルが似合うメンズってカッコ良いですよね。
今回のように、白Tシャツに少しゆとりのあるパンツを合わせたラフテイストな着こなしでも、足元をブラックのコンバースオールスターで引き締めることによって、メリハリの効いたスタイルになっています。
足元の引き締め役として使用したコンバースのオールスターは、手ごろな価格且つ様々な雰囲気と合うため、メンズファッションアイテムとしてとても重宝します。

1-12.ミリタリースタイルもお手の物

ミリタリースタイルもお手の物

コンバースのオールスターは、本当に何にでも使えるオールマイティーなアイテムです。
今回のようにカーゴパンツと合わせると、そのハイカットと相まって一気にミリタリーな着こなしに表情を変えます。
ミリタリーな雰囲気を活かして、インパクトのあるアイテムとコンバーススニーカーを合わせ、強めな風合いで着こなすのもオススメです。

1-13.リブで表現するメリハリ

リブで表現するメリハリ

コンバースのオールスターはどんなパンツとでも合う万能アイテムですが、その中でも特に合うパンツが裾がリブになったパンツです。
足首が隠れるコンバースハイカットスニーカーは足元が重く野暮ったく見えがちですが、裾がリブ仕様のパンツはキュッと足首部分が絞れている為、スマートに見せてくれるという効果が◎

ハイカットスニーカーのデメリットをパンツなど他のアイテムでカバーすれば、コンバースコーデの幅がより一層広がり、ファッションが楽しくなりますよ。

1-14.安定のジョガー×ハイカット

安定のジョガー×ハイカット

こちらも同様に、リブ仕様の裾のパンツとハイカットのコンバースがが足元にメリハリを生んでくれており、バランスの良いスタイルに仕上げてくれています。
今回のポイントとして、白と黒のモノトーンでまとめながらも、その中でレザーキャップを使うことで、定番のコンバースと合わせてもひと味ちがう雰囲気を醸し出しています。

1-15.クセモノをまとめあげるバランサー

クセモノをまとめあげるバランサー

無骨な雰囲気から、男らしさを感じるカモフラ柄のアイテム。
そのカッコ良さから、男性人気の高い柄でもあります。
そんなカモフラ柄は、他のアイテムをブラックとホワイトのシンプルなもので中和させるのがマストです。
ミリタリー色が強いカモフラ柄も、他のアイテムをブラックとホワイトのシンプルなカラーリングでまとめ上げると、街に馴染むお洒落なコーデへと早変わりします。

1-16.頼れる土台

頼れる土台

何事においても土台がしっかりしていると、その上のものは上手くいくものです。
それはファッションにおいても同様で、足元に定番のコンバースオールスターを合わせれば、他が主張の強いアイテムであっても、サマになります。
今回も、土台である足元が定番のコンバースオールスターであるがために、主張の強いパーカーやパンツも上手くまとまったコーデになっています。

1-17.頼れる土台part2

頼れる土台part2

上記と同様に、こちらも主張のあるデザインのアイテムを使った着こなしですが、足元がコンバースオールスターである為に、まとまった雰囲気になっています。
主張の強いアイテムを持っているけど、中々着るタイミングが無いとお困りのメンズの方は、コンバースオールスターを合わせてみると良いのではないでしょうか?

1-18.足元でつくる違い

足元でつくる違い

ストリートファッションは、細部へのこだわりが決め手になってきます。
足元1つ取っても、パンツの裾が程よく溜まっている方がストリートコーデとしてカッコ良く決まります。
溜まった裾から顔をのぞかせる定番スニーカーであるオールスターが、あなたのストリートコーデを惹き立ててくれます。

1-19.原点で頂点

原点で頂点

結局は白と黒のモノトーンが一番馴染む、というメンズもいらっしゃるのではないでしょうか?
そんなメンズにおすすめしたいのが、スニーカーでコーデを格上げすることです。
色んなスニーカーがありますが、白黒のシンプルなコーデに合わせたいのはやっぱり定番のコンバーススニーカーです。
定番スニーカーだからこそ、定番のコーデも一層良さが引き立ちます。
定番スニ―カーの選択肢としてオールスターはうってつけの一足です。

1-20.カジュアルも大人に

カジュアルも大人に

一見カジュアル過ぎると思われがちなブルーデニムですが、他のアイテムをきれいめアイテムやきれいめカラーにすることで、案外大人っぽく着こなすことができるんです。

今回のように、ブルー且つダメージの入ったカジュアル要素の強いデニムであっても、他のアイテムをきれいめカラーのブラックでまとめあげることで、カジュアル過ぎない大人っぽい雰囲気になっています。
大人メンズの方は是非取り入れてみてください。

1-21.足元で引き締める

グレーのTシャツとデニムというシンプルなコーデでも、ブラックのコンバースチャックテイラーでグッと引き締めることで、全体にメリハリがついてカッコ良く着こなしています。
仮にホワイト系のスニーカーを合わせていると、ぼんやり淡くなっていたことでしょう。

メンズのみなさん、シンプルなコーデをするときはブラックのスニーカーを合わせることを意識してみてください。

1-22.王道スタイルも格上げ

シャツと黒パンツという王道のメンズファッションも、少しの工夫で格上げできることをご存知でしょうか?
その少しの工夫とは、小物に気を遣うということです。
時計やバッグ、足元など小物に気を遣うことによって、その着こなしは格上へと変わります。

今回も、足元をレア度の高いコンバースチャックテイラーにすることによって、シャツと黒パンツの王道から、格上げされた装いへと昇華されています。

1-23.チャックテイラーで韓国ストリートに

チャックテイラーで韓国ストリートに

今人気の韓国ストリートファッション界において大活躍しているのがコンバースのチャックテイラーです。
コンバースのスニーカーシリーズの中でも特に人気の高いチャックテイラー、輸入規制のある日本では履いているだけで注目の的になること間違いなしです。

今回も、オールブラックコーデにホワイトのコンバースチャックテイラーを合わせて足元でハズシの効いた韓国ストリートになっています。

1-24.寒色でクールに

寒色でクールに

寒色は着こなしをクールな印象に惹き立ててくれます。
今回もトップスを寒色のネイビーのパーカーに、そして足元をネイビーを意識したブルーのコンバースチャックテイラーにすることで寒色の印象が強く出たクールな印象になっています。

またパンツをトレンドのフレアパンツにすることで、トレンド性の高い洗練された雰囲気となっています。
ブルー系のカラーが好きなメンズ、寒色コーデに挑戦したいメンズにおすすめです。

1-25.足元で中和

足元で中和

コンバースのスニーカーは、スニーカーの中でもカジュアルなジャンルに分類されるうちの1つです。
そんなカジュアルなスニーカーと合わせたいのが、強めのデザインのアイテムです。
着こなすにあたって大切なポイントは「きれいめ×カジュアル」や「ストリート×きれいめ」など「中和」を意識することです。

今回も、ブリーチデザインなど強めのデザインの効いたアイテムにコンバースのチャックテイラーを合わせることによって、「中和」が成立してオシャレな着こなしとなっています。
メンズの皆さん、「中和」を意識してください。

1-26.お洒落さんは足元でハズす

お洒落さんは足元でハズす

この人お洒落だな。
そう思わせるメンズの特徴として、ハズすというテクニックがあります。
「ハズす」というテクニックとは、統一されたコーデの中にあえて違う色、素材のアイテムを合わせてメリハリを付けることを指します。

今回も、ブラックのパーカーにブラックのパンツを合わせて統一感のあるオールブラックコーデに、イエローのコンバースチャックテイラーを合わせてハズしを演出しています。
このハズしにより、抜け感が出て重くなり過ぎないようになっています。
お洒落に見られたいメンズの方におすすめです。

1-27.希少性で魅せる

希少性で魅せる

パジャマ感の出てしまうスウェットも、ブランドのアイテムであればそれなりに見えてしまうもの。
今回も、パーカーとスウェットとラフな上下スウェットスタイルながらも、足元に希少性のあるコンバースチャックテイラーを合わせることで、一気にお洒落なコーデへと昇華されています。

1-28.冬こそ軽快に

冬こそ軽快に

寒い冬の季節は、分厚いアウターを着こんだり、カラーが暗くなったりと、重い印象になりがちな季節です。
だからこそ、小物が役立つ季節でもあります。
小物を明るい色にして、明るさをプラスするだけで見栄えが全くもって変わってきます。

今回のように、分厚いアウターはじめカラーも暗いアイテムを使っても、足元に明るい色のコンバーススニーカーを合わせることによって、重くない軽快なコーデになっています。
メンズのみなさん、冬は足元で軽快にすることを意識してみてください。

1-29.大人のショーツスタイルに

子供っぽく見えがちなショーツを着こなしてこそ大人の男。
しかし、ショーツを着こなすにあたっていくつかのポイントがあります。
それは、ショーツの子供っぽさを払拭するためにトップスは長袖にすることと足元は引き締めカラーのブラックを合わせることです。

今回も、ショーツに対してトップスは長袖、足元にはブラックのコンバースチャックテイラーを合わせて子供っぽさを掻き消しています。
ショーツスタイルに挑戦したい大人のメンズの方は、是非参考にしてみてください。

1-30.対象カラーで見せ付けるセンス

対象カラーで見せ付けるセンス

お洒落が好きで色んな着こなしに挑戦したいお洒落メンズの方におすすめなのが、対照的なカラーを取り入れることです。
難易度が上がるのは確かですが、その分周りとの差別化が図れてグッとオシャレ度が増します。

今回も、ネイビーのトップスにデニムとブルー系のコーデに対して、赤いコンバースチャックテイラーを合わせて存在感あるお洒落なコーデになっています。
周りと差別化したいメンズは、対称カラーを意識してみてください。

1-31.同色で脚長に

同色で脚長に

ファッションテクニックの1つとして、パンツと靴の色を合わせて脚長効果を実現する、というものがあります。
このテクニックは、簡単に取り入れることができる割りには効果抜群で脚が長く見える為、スタイルを良く見せたいメンズにはとてもおすすめの方法です。

今回も、ブラックのパンツにブラックのコンバースワンスターを合わせて脚長効果に。
トップスはその対照として、ホワイトをメインに合わせている為メリハリのある着こなしとなっています。

1-32.引き締めてくれるワンスター

引き締めてくれるワンスター

コンバースのワンスターは、シンプルなデザインで足元からコーデ全体を大人っぽく引き締めてくれます。

今回のコーデにおいても、上半身はチェック柄のシャツにペイズリー柄のジャケットを羽織った存在感ある着こなしであっても、足元をシンプルなコンバースワンスターにすることによって全体が引き締まった大人ストリートコーデになっています。

1-33.ストリートの中にも大人の品を

ストリートの中にも大人の品を

カジュアルなストリートコーデでも大人の男性が着こなす際には「品」が大切です。
コンバースのワンスターは、レザー調のアッパーで生地感から上品な大人の雰囲気を演出することができます。
またジャケットのインナーとして着ているブラウンのパーカーも、コーデのハズシとして効いています。

1-34.あえてのカジュアルダウン

あえてのカジュアルダウン

男性が最もカッコ良く見える服装と言っても過言ではないクラシックなスーツスタイル。
そんなスーツスタイルも、工夫次第では更にお洒落にカッコ良く見せることもできます。
スーツに対してオーソドックスに革靴を合わせることも1つですが、今回のコーデのようにコンバースのワンスターを合わせることで街にも馴染むアーバンなコーデになっています。
クラシックなスーツスタイルが好みながらも、街にスーツででかけるのはちょっと...と考えている方におすすめです。

1-35.個性派を惹き立てる

個性派を惹き立てる

目立ちたがり屋の方なら、個性的なアイテムを着たいことでしょう。
ただ、それでダサくなってしまっては元も子もありません。
そんな時に使えるテクニックが、個性的なアイテムと他のアイテムに共通点を持たせることです。
共通点を持たせることで、コーデ全体に統一感が出て、個性的アイテムだけが浮くことなくまとまりの良いコーデになります。

今回のコーデでも、個性的な柄のニットに対して、ニットのカラーを拾ったスニーカー(コンバースワンスター)を合わせることでトータルコーディネートとしてまとまりがあるコーデになっています。
目立ちたがり屋のメンズは、靴など他のアイテムとの共通点を意識してみてください。

2.オススメ コンバース3選

コンバースといっても、様々なモデルがあることをご存じでしょうか??
代表的なコンバースのモデルをご紹介しますので、是非コンバースコーデの参考にしてくださいね。

2-1.黒のコンバースオールスター

黒のコンバースオールスター
出典:https://converse.co.jp/

まずオススメしたいコンバースは、定番中の定番「コンバースオールスター」。
バスケットボールシューズを起源とたコンバースのモデルながらも、そのシンプルなデザインと洗練された細身のシルエットにより、タウンユースとしても人気を博してきました。
発売当初のハイカットモデルのコンバースオールスターに加え、ローカットモデルのコンバースオールスターもすっかりコンバースモデル全体の中の王道に。

中でも、黒のコンバースオールスターはカジュアルからストリート、きれいめまでどんなスタイルにも馴染み、かつ全体を惹きたてる万能スニーカー。
シルエットとカラーで足をスッキリと見せ、抜群のこなれ感を演出してくれます。

コンバースオールスターローカットモデルはどちらかというと主張が控えめ。
合わせるパンツを選ばず、ソックスで柄やビビッドカラーを取り入れて遊び心を加えたコーディネートを楽しむことができます。
コンバースオールスターハイカットモデルは、足首をすっぽり覆い目を引きながらもスマートな印象に。
コンバースオールスターローカットよりもボリュームがある分、テーパードシルエットのパンツを選んだり、裾をロールアップしたりするとまとまりある着こなしに仕上がります!

シーンに合わせて印象を変えるのも、コンバースコーデを楽しむポイントですね。

2-2.ジャックパーセル

ジャックパーセル
出典:https://converse.co.jp/

続いて、コンバースオールスターと同じくスポーティーな背景を持つ「コンバースジャックパーセル」。
こちらは運動靴が起源となっているコンバースで、ややまるみのあるコロッとしたシルエットが印象的なコンバースモデルです。
つま先部分のラインは「スマイル」、かかと部分のパッチデザインは「ひげ」と呼ばれ親しまれています。
また、厚みと弾力があるインソールが採用されており、足にフィットして履き心地も快適。
デザイン性と実用性が両立されている点が嬉しいポイントのコンバースですね。

コンバースオールスターと比べると、落ち着きがありクリーンな雰囲気を醸し出せるので、濃色のコーデにコンバースジャックパーセルを合わせるだけで、簡単に軽快なコーデに。
もちろん柔らかな雰囲気のコーディネートにもマッチするので、1足持っておくだけでオシャレの幅が広がりますよ!

2-3.スター&バーズ

スター&バーズ
出典:https://converse.co.jp/

コンバースの中では、大定番とまではいかないまでも見逃せない名作が「コンバーススター&バーズ」。
「コンバースジャックスター」という名でも親しまれ、その魅力は何と言っても希少性とデザイン。
生産されたのがわずか5年間のみという短期間なコンバースモデルであることから、コンバースのコアなファン層には特に人気を博しています。
また、サイドに施された★のデザインと2本のラインが、コンバースシリーズの中では目を引くポイント。

定番のコンバースオールスターなどとは異なるデザインなので、コンバースをオシャレに履きこなしたいけど他とは被りたくない、というファッショニスタには特にオススメ! 履くだけで一気に足周りにこなれ感を演出したコーデにできますね。

3.コンバースに合わせたいアイテム6選

コンバースについては色々わかったけど、実際にどんなものと合わせるとコンバースコーデがオシャレにきまるの?とお思いですよね。
最後にコンバースコーデをさらにカッコよく、周りよりオシャレに格上げするためのDIVINERオススメグッズをご紹介していきます!
もちろん、コンバース以外にも合わせられる万能ばかりですよ。

3-1.ボトムス

【OWN ROOTS】Black Cargo jogger Pants ボトムス

こちらのカーゴジョガーパンツは、両脚の横に大きなポケットがいくつかついた「カーゴパンツ」と、裾がリブやゴムで絞られた「ジョガーパンツ」の良いとこ取り。
洗練されたデザインとシルエットにより、ストリートスタイルだけでなくあらゆるファッションにマッチする万能ボトムスに仕上がっています。

同色のコンバースのスニーカーと合わせると、脚のラインををさらにスッキリと見せることができ、スタイルアップ効果も抜群◎
あえてビビッドカラーや色味のあるコンバースを合わせ、メリハリあるコーデに引き締めるのもオススメです!

TearOffTrousers

デニムとスニーカーの組み合わせは、言うまでもなくカジュアルスタイルの王道。
ハードダメージが施されたこちらのスキニーデニムは、そのデザインからは男らしい印象、シルエットからはスマートさが感じられる逸品です。

スキニーデニムとコンバースの着こなしはダサ見えすることはない分、ありがちなコーデになる可能性も。
全身オールブラックコーデでクールにまとめたり、キャップやハット、アクセサリーなどの小物を合わせて細部にまでこだわったコンバースコーデをすることが必要です!

3-2.トップス

【OWN ROOTS】Hoodie

DIVINERのロゴがプリントされたベーシックなデザインのパーカー。
シンプルなパーカーとコンバースを合わせる時にオススメしたいコーデテクニックが「レイヤード」です。
パーカーの裾からTシャツやタンクトップなどのインナーを覗かせるだけで、こなれ感あるコーデに格上げすることが可能。

さらに、配色ロゴとコンバースのカラーを合わせ上下でバランスを取りつつ、メリハリあるコーデに仕上げる方法も。
シンプル・定番なパーカーだからこそ、細かな部分で遊び心を効かせたいですね。

【OWN ROOTS】Standard TEE/半袖Tシャツ

こちらも胸元にDIVINERのブランドロゴが配置されたシンプルなTシャツで、どんなスタイルにも取り入れられる万能トップス。
もちろんコンバースと相性抜群です。
カラー展開も豊富で、コンバースコーデの様々な表情を楽しめるところもポイント。

堅苦しくないラフな着用感がお好みの方は、こちらのTシャツにクロップド丈のパンツなどを合わせて、コンバースと共に足首周りをスッキリかつ軽やかに見せてもいいですね!
また、帽子やサングラス・アクセサリーなどの小物類をつけてもごちゃつかないのがシンプルさの強み。
服だけでなくコンバースを使ったトータルコーディネートを楽しみたいですね。

3-3.グッズ

【OWN ROOTS】Classic logo embroidery CAP キャップ

コンバースと合わせるコーデを、よりストリートライクに仕上げていくために必須なのがヘッドウェア。
定番のベースボールキャップをトップに、下は目を引くスニーカーであるコンバースを持ってくることで全体がバランスよくまとまります。

フロントに刺繍されたブランドロゴがさりげないアクセントにも。
黒白2色展開のキャップなので、黒でコンバースコーデを引き締めても良し。
白でコンバースコーデにさらに明るさをプラスしても良し。
合わせるコンバースのカラーによって、どちらか選びたいですね!

【OWN ROOTS】Regular Logo Socks (ブラック)ソックス

コンバースコーデをさらに垢ぬけたものにアップデートしていくためには、コンバースそのものだけでなくソックスも重要です。
ブランドロゴを配置したのみのコチラのソックスは、ストリートシーンではトレンドのラインソックス。
定番デザインのソックスは、コンバースコーデにもよく馴染みます。

コンバースコーデでソックスを見せる際は、ローカットのコンバースを選びましょう◎
パンツはテーパードシルエットやクロップド丈でコンバースと合わせるのがオススメ。
靴下の存在感をアピールしつつ、足元をスッキリみせることができますよ。

4 今一番見られているアイテム

【関連記事一覧】