chevron_rightNEW ITEMS chevron_rightTOPS chevron_rightBOTTOMS chevron_rightOUTER chevron_rightGOODS chevron_rightSET UP
chevron_rightRANKING chevron_rightCOORDINATE chevron_rightNEWS chevron_rightFEATURE chevron_rightK-1 fighter

account_circle shopping_cart help_outline┃ 

ストリート靴下(ソックスイン)など最新の履き方やコーデテクを紹介

ストリート靴下(ソックスイン)など最新の履き方やコーデテクを紹介

海外のラッパーやNBA選手といったスターたちがストリートファッションにおけるテクニックの一つとして取り入れているソックス。
皆さん足元にまで気を配っておしゃれを楽しんでいますか?
ソックス選びが大切です!とは言えども、 ストリートスタイルに合うソックスってどんなアイテムを選んだらいいのか難しいですよね。
この記事では、ストリートスタイルに合うソックスや、ソックスインをはじめとしたトレンドの着こなし方も紹介していきます。

目次
▶open/close

1.ストリートファッションでソックスはなぜ重要なのか

NIKE(ナイキ)のスニーカーが人気の理由

近年、特に若者を中心にトレンドが広がっているストリートファッション。
オーバーサイズコーデや、スポーツMIX等、どちらかというとラフでカジュアルな印象を持たれるのではないでしょうか?

実はそんなストリートコーデにおいて、とても重要なアイテムが「ソックス」です!!

ソックスって、ファッションに関係あるの…?
ほとんど見えないから適当でいいや…!
と、あまり重要視されていない方もいらっしゃるかと思います。

ですが、ソックスまで気を配ることで、リラックスした印象のストリートファッションに足元でアクセントを加えられたり、トレンドスタイルの中で周りと差をつけられたりするんです!!

是非この記事で、これからのストリートファッションの鍵となるであろう「ソックス」について、履き方やコーデをマスターし、幅広くストリートファッションを楽しんでいただければ嬉しいです!

2.ストリートスタイルに合うソックスのはき方

最近、ストリートファッションの間でよく耳にするワードで、「ソックスイン」。
皆様ご存じでしょうか?
ボトムスの裾を靴下の中に入れこむ靴下のはきかたのことです。 「ボトムスの裾を靴下の中に入れこむ」と聞くと、工事現場でのニッカポッカスタイルをイメージし、「ダサい」と思われる方も多いのではないでしょうか。
ですが、近年オシャレ男子の間ではストリートファッションのソックスコーデテクニックの一つとして取り入れてる方も増えてきていますね!

そこで今回は、シャレ感アップするソックスインのコーデテクニックや正解にする着こなしをご紹介いたします!

2-1.ストリートスタイルに合うソックスのはき方1:ロールアップしてソックスをチラ見せ

ロールアップしてソックスをチラ見せ

まず、ロールアップとは?
パンツの裾や長袖のTシャツ等の袖を巻き上げた状態をいいます。
約20年前に大流行したロールアップですが、近年再びトレンドになってきています。
そんなロールアップコーデで是非取り入れたいのが、ソックスのチラ見せです!
チラ見せとは、その名の通り「チラッと見せる」のが大切です。
例えば、少しゆとりのあるパンツの場合、裾幅にもゆとりがあるのでロールアップして ソックスを少し見せることで、足元がすっきり見えバランスの取れたコーデになります。
ポイントは、くるぶしから7~8cmロールアップして見せる事!
その際にオススメするのが、色ものソックスや柄(デザイン)が入っているソックスです。足元にアクセントをつけることによって、更に「こなれ感」がアップします!

2-2.ストリートスタイルに合うソックスのはき方2:ジョガーパンツを使って見せソックス

ジョガーパンツを使って見せソックス

ジョガーパンツでのソックスコーデは大きく2つあります。
まず1つ目は、短めのアンクルソックス(くるぶしまで)とローカットスニーカーを合わせるコーディネート。
素足のように見えるアンクルソックスで、足首を見せるコーディネートはストリートファッションやスポーツMIX系ファッションでの定番スタイルですね。

2つ目はソックスインコーデです。
ジョガーパンツは元々細身のシルエットで裾部分もタイトなため、靴下に裾部分を入れやすく、ソックスインに適したパンツです。
最近ではすっかり定番となったジョガーパンツですが、普通の穿き方では物足りない!?という方にオススメなソックスコーデです!
パンツのカラーと違う色のソックスを履くことで足元にメリハリができ、アクセントの効いたコーディネートを楽しめますよ!!

2-3.ストリートスタイルに合うソックスのはき方3:バンツをソックスにインする穿き方で足元にアクセントを

バンツをソックスにインする穿き方で足元にアクセントを

近年、ワンマイルコーデ(お家からワンマイル=1.6kmのお出かけに適したコーデ)がトレンドになっていますが、 普通に着こなすと面白みがない!と、感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方には、足元にアクセントを出す「ソックスインコーデ」がオススメ!
一味違うワンマイルコーデに欠かせないスタイルです。
海外のオシャレセレブ達の間でもソックスにボトムスの裾を入れこむスタイルは大流行しています!

ソックスを見せるコーデに適しているパンツは、ジョガーパンツやラフに着こなせるスウェットパンツです。
さらに、ソックスインコーデでは合わせる靴も重要になります。
特にオススメなのが、ハイカットスニーカーやブーツ!

少しゆとりのあるスウェットパンツにソックスを合わせ、かつハイカットスニーカーで纏めると パンツの裾が切り替えデザインのように見えたり、裾にかけて細く見えるテーパードスタイルのようになるので、普段より美脚シルエットが楽しめますよ!!

3.ストリートスタイルに合うおすすめのソックスの種類

それでは、今からストリートスタイルに合うおすすめのソックスの、アイテム選びのコツをご紹介します。

3-1.おすすめの靴下の種類①長さは、「ふくらはぎの少し下」あたり

ソックスの長さは、「ふくらはぎの少し下」あたり

ソックスインコーデをするにあたり、まず悩まれるのが「ソックスの長さ」かと思います。
普通に履くのではなく、パンツの裾を入れて履くのでどのような長さを選べばいいか難しいですよね。

結論から言うと、「ふくらはぎの少し下」あたりの長さの靴下がおすすめ!!

中途半端な長さに感じられるかもしれませんが、パンツの裾をソックスに入れるソックスインスタイルでは、これくらいがぴったりなんです。
靴下が短すぎると、パンツの裾が届かず入らなかったり、逆に靴下が長すぎると、目立ちすぎて不自然なコーディネートになってしまいます。
なので、ふくらはぎの少し下あたりの長さの靴下を選び、ストリートスタイルに合わせてみてくださいね!

3-2.おすすめの靴下の種類②デザインは「ロゴ入り」がオススメ

「ロゴ入り」

派手なカラー・デザインのものから、シンプルなモノトーンのものまで、様々な靴下がある中で、 ストリートスタイルのソックスコーデでオススメなものは断然、「ロゴ入り」ソックスです!!
ソックスにボトムスの裾を入れこむことで特徴的なブランドロゴが見えると、さらにストリート感をプラスできます。
足元にアクセントがあり、こなれ感ある上級ストリートコーデを実現できますね!

3-3.おすすめの靴下の種類③生地は分厚すぎず、薄すぎず

生地

ストリートファッションにおけるソックスコーデを考えると、ちょうど良い厚さの生地のソックスを選ぶことが必須です。

分厚すぎる靴下だと、ソックスにパンツの裾を入れこむときに入りにくくなってしまいますし、ふくらはぎあたりまで伸ばすのに伸びにくくなります。
薄すぎる靴下だと、パンツの裾を入れこんだ時や伸ばした時にソックスが伸び切ってしまい不格好になりかねません。

DIVINERの靴下は、伸縮性に優れたコットンベースの生地を使用しています。
デザイン・生地感ともにトレンドに合ったソックスコーデに取り入れやすいアイテムですので、是非試してみてくださいね!

4.ストリートに似合うおすすめソックス3選

4-1.ストリートに似合うおすすめソックス1:ブランドロゴ靴下

ブランドロゴ

ブランドロゴが大きくデザインされた靴下は、ストリートスタイルに欠かせません! 足元に特徴的なロゴがあると、ソックスがコーディネートのアクセントとして活躍し、よりオシャレなストリートスタイルを実現させられます。 その中でも、モノトーンの配色でベーシックなデザインのものは、シンプルなデザインの中でブランドロゴが映え、様々なストリートスタイルにマッチするのでオススメ!! どんなボトムスとも相性が良く合わせやすいので、1足は持っておきたいですね!

4-2.ストリートに似合うおすすめソックス2:柄靴下

柄

足元にインパクトを与える、派手なデザイン・カラーの靴下もストリートスタイルに似合うオススメソックスの1つです! 個性を主張したい方は、派手なデザインのものを選ぶと良いでしょう。 ソックス1つで足元の印象をガラッと変えることができ、注目を集めることができます! コーディネート全体としては、パンツ・スニーカーをシンプルなもので組み合わせるのがコツ。 ソックスを目立たせつつ、バランスの取れたストリートコーデに仕上げることができます!!

4-3.ストリートに似合うおすすめソックス3:ボーダー靴下

ボーダー

ラインソックスは、ストリートスタイルと相性が良いことで知られています! ラインソックス(ボーダーソックス)は人気上昇中のアイテムなので、トレンドを追いかけたい方には特にオススメ! 一見ベーシックなアイテムでありながら、スポーツMIXな雰囲気やオシャレな雰囲気を演出することができます。 ブランドロゴソックスと同様に、幅広いストリートスタイルに取り入れられるので、コーディネートで活躍すること間違いありません!

5.ストリートファッションとソックスのコーデ厳選8選

それでは今から、ストリートファッションにピッタリな靴下の履き方を8コーデご紹介します。

5-1.シンプルな王道

シンプルな王道コーデ

靴下をパンツの裾に入れる、通称“ソックスイン”は、少々ゆとりがあったり、ワイドめなパンツと合わせたストリートファッションが相性ぴったりです。
今回のコーデでは、世間ではシャカシャカと呼ばれているナイロン素材のパンツに靴下をソックスインしています。
ゆとりのある脚まわりに、靴下をいれて足元をスッキリさせることで、シルエットにメリハリが出てスタイルが良く見えるように◎
ストリートファッションの定番でもある厚底スニーカーと合わせて、更に脚長効果も。

5-2.ハーフパンツと合わせる

ハーフパンツと合わせる

ストリートを起源に、今ハーフパンツと合わせる靴下の履き方が流行ってきています。
一見ハーフパンツと靴下と聞くとガキっぽく感じる方もいるかもしれませんが、それはトップスを半袖Tシャツにした場合です。
ロンTなどを合わせると、ガキっぽさは消えてトレンドのストリートコーデになります。
また、ショルダーバッグなどの小物を使って全体にアクセントを取り入れることで、ガキっぽさを無くすことが出来ます◎
ラッパーやアーティストはじめ、海外の有名人もよく取り入れている靴下の履き方なので、海外のストリートファッションがお好きな方は、是非取り入れてみてください。

5-3.ソックスイン

ソックスイン

靴下をパンツの裾に入れる履き方、ソックスインはハイカットスニーカーとも相性ぴったり。
ストリートファッションの代名詞とも言えるハイカットスニーカーをコーデに取り入れることで、より一層ストリートファッションを楽しむことが出来ます。
またブランドのロゴ入りの靴下にすると、ハイカットからのぞく靴下のロゴでファッションをさらに楽しむことができます。

5-4.靴下とのカラーリンクコーデ

カラーリンクコーデ③

靴下は、トップスとの相性を考えてコーデを組むのも◎
靴下とトップスの色をリンクさせることで、全体のトータルコーディネートとして統一感が出てお洒落に、カッコ良く着こなすことが出来ます。
ただ、複数を色を取り入れ過ぎるとうるさくなってしまうのでご注意ください。

5-5.靴下との相性抜群バスケタンクと合わせて

バスケタンクと合わせて

ふくらはぎ下まである靴下は、よくスポーツの現場で見ることが出来ます。
今回のコーデでは、バスケタンクとハーフパンツでスポーティなコーディネートの中に、靴下を取り入れ、よりスポーティな着こなしに。
時には、あえて何かコンセプトを決めて、そこに振り切ったコーディネートも楽しいですね。

5-6.靴下に裾を入れやすい細身のパンツと合わせて

細身のパンツと合わせて

パンツの裾を靴下に入れる履き方、ソックスインは細身のパンツでも可能。
裾がリブになっているジョガーパンツタイプのパンツなら靴下の中に裾を入れるのも楽々に出来ます。
今回のコーデでは、裾がリブになっているカーゴジョガーパンツを使用し靴下をストリートファッションの中に取り入れています。
ソックスインにより足もとがスッキリしている分、トップスのオーバーサイズのTシャツとメリハリが出てカッコ良いシルエットに。

5-7.ファイヤー柄の靴下

ファイヤー柄の靴下

たかが靴下、されど靴下、ファッションにおいて靴下は甘く見てはいけません。
靴下は今やお洒落を加速させるファッションアイテムの1つなのです。
今回のコーデでは、白黒のモノトーンにファイヤー柄の靴下をチラ見せさせ、コーディネートにアクセントを加えています。
白黒のモノトーンの着こなしでも十分着こなしとして成立はしていますが、靴下でアクセントを付けることにより、グッとオシャレ度が増しているのが見て取れます。

5-8.ワントーン

ワントーンコーデ

靴下は女性もカッコ良く取り入れるアイテムです。
今回のコーデでは、全体を白と黒のモノトーンでまとめて、靴下でも白と黒のモノトーンを拾って全体としての見た目を統一させています。
肌の露出が気になる女性の場合、靴下を使って肌の露出を押さえつつファッションを楽しむことが出来ます。これも靴下の履き方の1つですね。

6.ストリートなソックスコーデに合わせたいスニーカー

ソックスコーデのに欠かせない相棒・スニーカーについておすすめを3足だけご紹介します。
スニーカーは奥が深いですしアイテムも豊富。ここには書ききれないほどおすすめのスニーカーはあるのですが、ここは独断と偏見でおすすめさせて頂くことをご了承ください。

6-1.靴下コーデに合わせたいスニーカー①NIKE ナイキ/AIR MAX90(エアマックス90)

まずご紹介するのが、NIKE ナイキ/AIR MAX90(エアマックス90)です。
このスニーカーは、1990年に発売され今やナイキ、メンズの足元、コーデを支える代表格となったスニーカーの1つです。
履き心地はもちろんですが、デザインやカラーリングの多さからもスニーカーマニアやストリートファッションの間では根強い人気のスニーカーですね!

6-2.靴下コーデに合わせたいスニーカー②NIKE ナイキ/AIR JORDAN1(エアージョーダン1)

次にご紹介するのが、NIKE ナイキ/AIR JORDAN1(エアージョーダン1)です。 バスケの神様「マイケル・ジョーダン」が着用したことで、一躍世界に名を轟かせた、 今や知らない人はいない程の不朽の名作となったスニーカーです。
世界的スターが着用したことにより一気にストリートシーンに浸透した一足は、ヒップホップコーデ、ストリートコーデ好きの間で特に好まれています。
特にハイカットのAIR JORDAN1(エアージョーダン1)は、スウェットパンツでのソックスインコーデ(パンツの裾をソックスの中に入れる着こなし方)との相性抜群ですね。

6-3.靴下コーデに合わせたいスニーカー③NIKE ナイキ/AIR FORCE1(エアフォース1)

AIR FORCE1(エアフォース1)は、あらゆるストリートなソックスコーデにも馴染む万能スニーカーです!

もともとはバスケットボールプレイヤーが履いていたスニーカーでした。
オリジナルのハイカットモデルに加え、誰でも履きやすいローカットモデルも発表されたことや、シンプルなデザイン等も相まって ストリートコーデはもちろん、様々なファッションスタイルに取り入れられてきた人気アイテムです。

そんなAIR FORCE1(エアフォース1)を使ったソックスコーデとしてオススメなのは、 デザイン性の高い派手めな靴下と合わせること!
AIR FORCE1(エアフォース1)がシンプルでプレーンな印象のため、鮮やかなカラーや個性的なデザインの靴下を合わせると、より足元のアクセントとして際立たせることができます。

また、全体的にまとまったコーデをしたい場合は、パンツと靴下を暗めの色で合わせ、白のAIR FORCE1(エアフォース1)とのコントラストをつけると良いですね!

【関連記事一覧】

7.ストリートなソックスコーデに合わせたいアイテム

ソックスをかっこよく見せてくれる、コーデに取り入れたいアイテムをご紹介します。

7-1.靴下と合わせたいアイテム①カーゴジョガーパンツ

カーゴジョガーパンツ

ストリートなソックスインコーデに合わせるパンツとして、オススメなのは裾が絞られたデザインのもの。
カジュアルな印象のパンツであれば、ソックスインコーデには合わせやすいですし、裾が絞られているものだと、さらにソックスインをしやすくなります!

その中でも、最もオススメしたいのがカーゴジョガーパンツです!

大きなポケットが6~8個ついた「カーゴパンツ」と、裾が絞られたデザインの「ジョガーパンツ」の特徴が組み合わさったもので、シルエットも綺麗に見えます。
ストリート感だけでなく、旬のミリタリー要素も兼ね備えたコーデに仕上がりますね。

7-2.靴下と合わせたいアイテム②シャカパンツ

シャカパンツ

もう1つソックスインコーデにオススメのパンツは、シャカシャカ素材のナイロンパンツです!
全体的にボリュームのあるパンツなので、ソックスインをすることで足首の部分が絞られ、スタイルよく見せることができます。
また、裾にドローコード(裾を絞れる留め具付きの紐)が付いているので、ソックスインをしなくてもソックスのロゴや、デザインをを見せることができます!
どちらの着こなしもコーデ全体のアクセントになるので、ストリートシーンで活躍すること 間違いなしですね!

7-3.靴下と合わせたいアイテム③キャップ

キャップ

ソックスインコーデをすると、足元に目線を引くことはできますが、上半身が少し寂しく感じられますよね?
そんな時はキャップを合わせてみてください!
ストリートコーデや、スポーティースタイルに欠かせないアイテムでありながら、誰でも簡単に取り入れることができる優れもの。
ソックスとキャップで色を合わせたり、ロゴデザインを合わせたりすることで、さらにオシャレでこなれ感あるストリートコーデが完成します!

7-4.靴下と合わせたいアイテム④バケットハット

バケットハット

キャップと同様、バケハでもソックスインコーデをオシャレに格上げすることが可能です。
同じ帽子とは言え、キャップは定番アイテム、バケハはトレンドのアイテム。
周りとは一味違うソックスインコーデを楽しみたい方には、バケハがオススメ!!
ソックスインでストリート感を演出しつつ、ハットでキレイ目な印象も与えられるので、ソックスインコーデに慣れてきて、さらにオシャレな着こなしをしたい方は是非試してみてください。
細かなところまで気を配った、オシャレ上級者として周りと差をつけられること間違いありません!

8.まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「ストリート靴下(ソックスイン)など最新の履き方やコーデテクを紹介」などをご紹介しました。

靴下を使ったコーデはメンズファッションだけではなく、レディースファッションでも人気急上昇のコーデテクニックです。
ソックスのデザインや履き方・見せ方を変えるだけで様々なコーディネートが楽しめますので、 トレンド感のあるストリートコーデに興味のある方や他人と差をつけたい方は是非靴下を生かした着こなしを楽しむのがおすすめです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【関連記事一覧】